さくら様(神奈川県・40歳・女性)の体験談です。

昨年引っ越しをした際、3社に見積もりを依頼した。

引っ越し条件

  1. 引っ越し先 隣の市
  2. 家族    3人家族
  3. 引っ越し元 3LDK団地 3階
  4. 引っ越し先 3LDK 戸建て

A社—大手引っ越し会社
B社—中堅会社
C社—地域の小規模会社

まずA社。大手らしく、来訪した営業マンもきちんとしたスーツ着用でパンフレットなどの資料も費用をかけて作っている感じ。ただ、やはり安くなく15万との見積もり。
しかも今日契約すれば、という条件つき。

次にB社。別に会社規模によるところではないが、営業マンは押しが弱いが人がよさそうな感じ。
見積もりも10万と大手より安い。A社とすぐに契約しないでよかった・・と思う。

最後にC社。ここの営業マンが最悪だった。約束の時間に30分遅刻してきて、スーツはよれよれ。
そして酒臭い。朝帰りのまま直行か?と思うほどの不潔感だった。ただ、見積もりは一番安くて8万円とのこと。

結局、安心感、ほどほどの料金というところでB社に決定。
見積もりは少なくとも3社はすべきである。

蛇足ながら、一括見積もり依頼サイトというものを使ったがサイト内で見積もりは完結するはずもなく、引っ越し会社から直接回答いたします、という流れで次から次へと営業メールが入ってきたり営業電話が朝からじゃんじゃん鳴ったり。ただの個人情報収集サイトということがわかった。

そして実際にB社に依頼して、結果、大正解であった。
リーダー、社員、バイトという3人組で作業にあたってくれた。
3人とも礼儀正しく、挨拶ののち新品の靴下に履き替えて作業開始。
そしてこのリーダーがすごい。
作業スピードがものすごく早く、まるでアスリートを見ているかのよう。
でも荷物を手荒にしていることはないし、社員はもとより、バイト君への荷物の扱い方の指示が的確で、バイトもこうやって育ててるんだと納得。
あっという間にリーダーへの信頼感が生まれました。

今回引っ越しをして感じたことは、社員教育がしっかりできているかどうかで引っ越し会社の価値が決まる、ということ。値段に引かれてC社に決めていたらきっとこんな安心感を持って引っ越しができなかったと思われる。