大木様(埼玉県・39歳・女性)の体験談です。

家族4人みんなが気に入った家が見つかり、今の家の家賃の関係で早く引っ越したいと思っていました。
でも、引っ越し料金の相場なんてわからないし、どこの業者さんが良いかなんてわからなかったのでネットでいろいろ検索していたら、引っ越し一括見積もりのサイトがあることを知り申し込んでみました。すると申し込んだ次の日までに大手をはじめ地方密着型のローカルなところまで7社もの引っ越し業者さんから電話で連絡をもらえました。このスピーディーさにまず驚きました。
見積もり日をダンナが休みの3日後に指定して、一度に7社来てもらいその場で入札のような方式で見積もってもらい、ここで相場がだいたいわかって手間も時間も省けました。
結局、金額はもちろん営業の方の雰囲気で業者さんを決定したら、次の日には段ボール60箱とガムテープと布団を入れる袋が届き、早速段ボール詰めに取り掛かることができました。
引っ越し日は次のダンナの休みの日なので一週間ありません。私とダンナは仕事から帰っては詰め、子ども達も学校から帰っては詰めで頑張っていたら段ボールが足りそうにないことに気付きました。すぐに引っ越し業者さんに電話したら、その日の夕方には20箱届けておいてくれました。それからまた詰め始め、引っ越し前日に詰めれば良いと思っていたキッチンの物と洗面台の下の物とお風呂の物を詰め切る前にまた段ボールが足りないことに気付き、夕方にもなって段ボールをお願いしたのですがさすがにこれから段ボールを届けられないとの事。明日の当日に持って行って一緒に詰めてくれるというサービスをしてくれました。それはもう疲れもあっていっぱいいっぱいになっていた私達には天の助けのようでした。
当日朝9時、見積もりでは3名の予定だったのですが、箱詰めの事もあって増員されたようで4名が来てくれて、一斉に箱詰めをしてくれて恐縮でした。みなさん作業が手早いです。食器とクローゼットの服は元々お願いすることになっていましたが、洗面台の下やら食器棚の下に隠れていた食品類なんかもパッパと詰めてもらいました。そして当初の予定通り14時からトラックへの詰め込みが始まり、そこは私達は何もすることなく、みなさんのテキパキ運ぶ姿を感心しながら見ているだけでした。
そのうち、新居の方に電話やらガス会社の人達が来たのでダンナはそのまま残り、私は新居の方へ向かいました。購入したソファーとベッドも届き、配送業者さんに組み立ててもらった後、引っ越しのトラックがナイスタイミングでやってきました。
引っ越し業者さん達とダンナが一通り打ち合わせをした後、みなさんまたテキパキ家具を入れてくれました。私たちは先ほどのソファーでただ見守るばかり。途中、購入したダイニングテーブルセットが届き、それを隅っこでダンナと二人して組み立てながら待っていました。
6時半には運び込みが終わり、みなさん爽やかに帰って行かれました。本当に感謝の思いでいっぱいです。子ども達も部活から帰ってきて段ボールの山に驚いていました。
引っ越し一括見積もりを申し込んでから半月で満足できる業者さんを選んで引っ越しできたのは、本当に助かりました。
あとは、この段ボールを開けていくのだけがマイペースで先が長そうです。

引っ越し先ではNTTのフレッツミエルネという節電管理を取り入れました。電気使用量や節電量が目でチェックできますので、節電の意識が高まるので大変に重宝しています。