とむとむ様(宮崎県・35歳・男性)の体験談です。

我が家は家族4人、車が2台、自分は趣味が多くバイク2台にサーフボードやらロードの自転車やらで大所帯の一軒家。
それでも結婚後に3回の引っ越しを経験しています。
そのたびに、荷物が多くててんやわんやの引っ越しを繰り返し、だんだんと慣れてきたところで今は新築の一軒家住まいなので、もう引っ越しはしない?と思います。

結婚後に行った我が家の引っ越しは、全て同じ業者を利用しました。
結婚前の引っ越しの際には、県を跨ぐ引っ越しなどが多かったので、大手の引っ越し専門業者を利用していましたが、結婚してからは同じ市内で引っ越すことしかなかったので、地元密着型の運送会社に依頼して引っ越しをしました。
これには理由があって、大手の引っ越し業者や運送会社は見積もり基準が明確で、本社が決めたルールに従い見積もりを行うので、多少の値引きやどんぶり勘定というようなことが通用しません。
けれど、地元密着型の運送会社の場合は、見積もりはある程度どんぶり勘定で見積もりしてくれるし、多少の値引き交渉には応じてくれるからです。
我が家の場合も、荷物の数が多く、1階から2階への引っ越しや、2階から1階への引っ越しなどの重労働で手間のかかる引っ越しにもかかわらず、大手の引っ越し業者には出せないような見積もりを提示してくれたのです。

また、3月などの引っ越しシーズンは、大手の引っ越し業者や運送会社の場合、引っ越しの手配が非常に難しいのですが、地元密着型の運送会社などは、基本的に手が空いていればいつでも引っ越しを引き受けてくれるのも有難いメリットです。
地元密着型の運送会社などは「仕事を受けてなんぼ」という世界なので、仕事が入っていなければ基本的にいつでも引っ越しを引き受けてくれるのです。

自分がいつも利用している引っ越し業者は、地元密着型の運送会社である「○○」さんで、「○○」さんを3台ほどチャーターしての引っ越しです。
これにより、いつも安価でスピーディーな引っ越しを実現しています。