ヒロリン様(大阪府・40歳・男性)の体験談です。

主人の仕事の都合で、引っ越しすることになりました。大阪から四国地方への引っ越しが急に決まったので、やらなければいけないことが山のようにありました。慌てて忘れることがないように、メモ用紙にしなければいけないことをリストアップしていきました。これで段取り良く引っ越し準備を進めることができますし、忘れる心配もありません。
引っ越しは、なるべき安くで行いたいと思っていました。新しい土地での生活も待っていることですし、なるべく安上がりの引っ越しを希望していました。
引っ越し業者を選ぶ時に、何社かに問い合わせの電話をしました。丁寧に説明してくれる業者もあれば、とりあえず見積もりに行かせてくださいと急ぐ業者もありました。電話応対で好印象を受けた引っ越し業者を三社選び、見積もりに来ていただきました。一社目の営業マンは、部屋の家具の数や物の数などを詳しく見ずに、見積書を作成したので不信感を抱きました。もっと丁寧に家具の数や小物類、家族構成なども見て欲しかったのですが、全くありませんでした。この業者は、後日に断りの電話をしました。その後も、しつこく「引っ越し業者は決まりましたか?」と電話が毎日のようにあったので、とても嫌な思いをしました。
二社目の営業マンは、部屋の中をチェックして、家具の数や大きさ、物の数などを詳しく数えて見積書を作ってくれました。しかし、私たちが考えていた予算よりも倍以上の金額だったので、驚きました。会社から引っ越し資金は出るのですかという質問をされた時に、何か違うと感じました。ここの業者も丁寧にお断りしました。
三社目の営業マンは、今までで一番好感が持てました。話し方や見積書を作成する時の態度も素晴らしかったです。疑問に感じたことは、何でも親身になって教えてくれましたし、料金も私たちの予算よりも少しオーバーするぐらいでした。もう少し安くしてくださいという私たち家族の願いに対して、快く了解してくださり、予算内に収めることができました。
引っ越しにきてくださったお兄さんたちも、キビキビとした作業で、安心して任せることができました。